2017年6月3日(土)・4日(日) 10:00〜16:00@佐倉城址公園

04
13

,

出展者紹介:草薙亮

77journey

草薙亮(JOURNEY)さんのご紹介です。

プロフィール

2004年 独学で革製品の製作を始める
2009年 JOURNEYとして独立
2014年 埼玉県川口市「カワグチシンマチ」に工房兼店舗を構える
現在もカワグチシンマチ内の工房にて製作に励む。

—ものづくりの道に進むことになったきっかけを教えて下さい。また、ものづくりの際に大切にしていること、ものづくりに対する思いを聞かせてください。

使うほどに変化していく革の素材に魅力を感じたこと
自分で使いたいと思うものが見つからず、自分で作り始めたことがきっかけ。

大切にしていることは長く使えること。
そのために丈夫な作りであること、丈夫な素材であること、
長く使っても飽きがこないシンプルなデザインであること、
壊れても直しがしやすいことを大切に、製作しています。

—にわのわは地元千葉をだいじにし、つくり手とつかい手を結ぶ「わ」となることを目指しています。千葉とのつながりを含め、つかい手に向けた簡単な自己紹介をお願いします。また、にわのわに抱いているイメージを教えてください。

今回、にわのわに初出店です。
この仕事を始める前は毎日のように千葉県を訪れる仕事をしていました。
以前からにわのわはいいイベントだと聞いてましたが、
昨年初めてお客さんとして行き、特に雰囲気の良さに惹かれ、今回初めて応募しました。

JOURNEYでは、つかい手の方と直接お話をすることを大切にしています。
そのため卸は積極手にはしていません。
革のことや製法のこと、
バッグのストラップの長さを身長に合わせたり、
ポケットを増やしたりと、できる範囲でセミオーダーも受けています。
にわのわを通じてJOURNEYの「わ」を千葉でも広げられたらと思います。

—にわのわではどんな作品が並び、どんな展示となりそうでしょうか。見どころやいちおし作品があったら教えてください。

にわのわではバッグや財布を中心に展示予定です。
JOURNEYの特徴のひとつに「手縫い」があります。
手縫いはとても手間のかかる作業ですが、丈夫で、ほつれても直しやすいです。
中でも“kt長財布”という財布はミシンでは縫う事ができない構造で、
見た目はシンプルながらも、中を開けると使いやすさを考えられたデザインになっています。

また、壁を立てたり、カウンターや鏡を用意したりと、
お店のような空間も楽しんで頂けたらと思います。

草薙亮さん、ありがとうございました。

〒333-0823 埼玉県川口市石神715
電話番号:048-437-7535
journey@journeyjourney.com
http://journeyjourney.com/

Loading...