, ,

2019.05.02

出展者紹介:石黒剛一郎・桑田智香子(陶磁/夫婦・家族枠)

プロフィール

岐阜県多治見市にて夫婦で作陶しています。

—ものづくりの道に進むことになったきっかけを教えて下さい。また、ものづくりの際に大切にしていること、ものづくりに対する思いを聞かせてください。

今、思い返せば、ものづくりを目指すきっかけは、大学を卒業する頃は就職難や大企業が倒産するなど社会が不安定な時代で、人生について考えた際、後悔のない生き方と身一つでなんとかできるという事でこの道に進むこととなりました。
一つ一つ心を込め、身に付けた技術を出し惜しみする事なく丁寧に作っています。

—にわのわは地元千葉をだいじにし、つくり手とつかい手を結ぶ「わ」となることを目指しています。千葉とのつながりを含め、つかい手に向けた簡単な自己紹介をお願いします。また、にわのわに抱いているイメージを教えてください。

夫婦枠では昨年に続き二度目の出展になります。
大学入学を機に初めての一人暮らしを始めた所が鎌ケ谷市になります。
その後、千葉を離れ岐阜で陶芸をしていますが、にわのわという素晴らしいイベントに参加できることにより胸を張って凱旋できた気持ちです。

—ご夫婦(ご家族)ではどんな役割分担がありますか?

なんでも手が空いている方がやっております。

—ご夫婦(ご家族)でものづくりされていいところ、困るところを教えてください。

お互いの仕事に対して理解がある。一方が忙しい時に少し手伝ってもらえる。
四六時中一緒なので、相手の雰囲気が移る。

—にわのわではどんな作品が並び、どんな展示となりそうでしょうか。見どころやいちおし作品があったら教えてください。

心を映す青をテーマに主に青磁の作品を作っています。(石黒)
白い器と共に新色の器もご用意します。(桑田)
当日は普段使いの器を中心に展示します。

E-mail:ishigurogoichiro@gmail.com

WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com