,

2019.04.26

出展者紹介:平林秀幸[ヒラバヤシヒデユキカコウジョ](金属)

プロフィール

1998年信州大学卒業後、パートタイムで活動。
2012年ごろより長野県内を中心にクラフトイベントに参加、主に会場で受けたオーダーを中心に製作。
2014年よりクラフトフェアまつもとに出展。

—ものづくりの道に進むことになったきっかけを教えて下さい。また、ものづくりの際に大切にしていること、ものづくりに対する思いを聞かせてください。

あるエッセイで読んだ欧米の刃物文化を知った事がきっかけです。
電車に乗り合わせた女性が林檎とナイフを取り出し食べ始めた、というエピソードでした。そういえば自分も子供の頃、野遊びで小刀を使っていたな、などと思い出し、そんな生活に密着した道具を作りたいと願いました。

—にわのわは地元千葉をだいじにし、つくり手とつかい手を結ぶ「わ」となることを目指しています。千葉とのつながりを含め、つかい手に向けた簡単な自己紹介をお願いします。また、にわのわに抱いているイメージを教えてください。

長野県で野外活動や調理向けのナイフを製作しています。
今まで千葉と「にわのわ」に繋がりはありませんでしたが何故か昨年クラフトフェアで複数の方にお誘いいただき、不思議な縁と思い応募しました。
ナイフと言うと攻撃的な印象が先行する事がままあります。ですが本来は生活道具です。親が子に教えながら一緒に使っていただくのが理想です。

—にわのわではどんな作品が並び、どんな展示となりそうでしょうか。見どころやいちおし作品があったら教えてください。

唯一の定番デザインで自信作でもあるエントリーモデル、「すずめナイフ」を中心に年に数本作る複雑なロック付き折りたたみナイフとオーダー品の素材違いなどを展示予定です。
すずめナイフはロックが無い、いわゆる肥後守と同じ折りたたみナイフです。シンプルだから初めて使う方から慣れた方まで使っていただきたいです。
「すずめ」は現住地塩尻市の保育園年少さんの愛称「すずめ」からいただきました。ちなみに年中が「ひばり」、年長が「つばめ」です。

住所:〒399-0702 長野県長野県塩尻市広丘野村1468-27
E-mail:hhk.cutler@gmail.com
facebook:https://www.facebook.com/956939817659149/

WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com