,

2019.04.17

出展者紹介:相馬佳織[FUKU glassworks](ガラス)

プロフィール

青森生まれ、長野県長野市在住。
2004年よりガラス工房橙(東御市)に11年勤務し、主に吹きガラスによる普段使いの器を中心に制作。
2015年 フリーランスとして活動拠点を長野市に移す。
2016年 「FUKU glassworks」を構える。
2018年 4月実店舗「FUKU tenpo」オープン。
毎年個展・クラフトフェア・企画展多数出展

—ものづくりの道に進むことになったきっかけを教えて下さい。また、ものづくりの際に大切にしていること、ものづくりに対する思いを聞かせてください。

昔から「手を動かす仕事をしたい」と漠然とした気持ちを持っていました。
美大に入り「硝子」という素材を知り、上手く形にならないところにもどかしさや面白さを感じたのがきっかけです。

重さ、持ちやすさ、仕舞いやすさを含めて毎日使うことができるもの。

—にわのわは地元千葉をだいじにし、つくり手とつかい手を結ぶ「わ」となることを目指しています。千葉とのつながりを含め、つかい手に向けた簡単な自己紹介をお願いします。また、にわのわに抱いているイメージを教えてください。

独立後最初の出展は千葉のクラフトフェアでした。そこからご縁を頂き今まで制作を続けてくることができました。そして千葉を拠点に活動・発表の場をもつ友人が多くいます。
また今年の「にわのわ」のご縁に、千葉の方たちと触れるきっかけ・ご縁を持てたらと思っています。

—にわのわではどんな作品が並び、どんな展示となりそうでしょうか。見どころやいちおし作品があったら教えてください。

柔らかく光を感じさせる硝子という素材をいかす、吹きガラスという技法で制作をしています。
毎日の中で使いやすい形、食器棚にしまう際に重ねられる使い勝手の良い器。
また手触りがしっとり心地よく夏だけでなく秋冬にも活躍するような質感の器や、花器は一輪でも様になるようにと制作しています。
生活の中にすっと馴染みながらも光を放ち、暮らしを彩っていくお手伝いをする。
そんなガラスでありたいと思います。

住所:〒381-0063 長野県長野市伺去16-13
電話番号:026-217-5597
E-mail:soma@fukutenpo.net
ホームページ:http://www.sollaripple.com
instagram:https://www.instagram.com/fukuglassworks
facebook:https://www.facebook.com/fukuglassworks

WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com