niwanowa にわのわアート&クラフトフェア・チバ

2018年6月2日(土)・3日(日)佐倉城址公園
bird

会場マップを公開します。

当日配布する会場マップのダウンロード版をひとあしお先に公開します。
アート&クラフト部門の出展者やフード出店情報はもちろん、
会場周辺の見どころまで盛りだくさんに掲載しています。
ぜひご覧になっていただき当日のご予定を決める際などにお役立て下さい。

2018年は95名(組)の作家が出展し、
各日20組以上のフードブースが出店します。

今年は一般枠86名、夫婦・家族枠6組、工房枠3組の
合計95名(組)の作家さんをお迎えしての二日間となります。
フードもにわのわならではの魅力あふれる
千葉にゆかりのあるお店が二日間で約40組出店します。

はじまりは、千葉とゆかりのある「つくり手」を、
もっと、たくさんの人に知ってもらいたい、
という思いからでした。

千葉というこの場所だから発信できることに、これからもこだわりつづけて。
「にわのわ アート&クラフトフェア・チバ」は、
アート・クラフト・地域に密着した食・産業・文化などを柱とし、
他の「クラフトフェア」とはひと味違う、
オリジナリティ豊かな「クラフトフェア」を目指します。

豊かな樹々に囲まれ、
佐倉市民の憩いの場として親しまれる
「佐倉城址公園」が会場です。

約400年前の江戸時代初期に築城された佐倉城の跡地である『佐倉城址公園』は、
春は桜、初夏にはアヤメや睡蓮、秋には紅葉と、豊かな自然に恵まれた市民の憩いの場です。
そして、『佐倉城址公園』と敷地を隣接するのが、
「歴博」の愛称でおなじみの『国立歴史民俗博物館』。
原始・古代から近代に至る、日本の歴史と文化を
「暮らし」という視点からフォーカスするユニークな博物館です。

千葉という土地に根ざした
オリジナリティ豊かな「クラフトフェア」を
一緒につくりあげませんか?

「にわのわ アート&クラフトフェア・チバ」では、
出展者、出店者や来場者をサポートするボランティアスタッフを募集しています。
来場された多くの人たちと、アートやクラフト作品を通して
有意義な交流ができる場として参加していただけたらと思います。
沢山のご参加をお待ちしています。